Aisuke Kondo / 近藤愛助

Home Home.htmlshapeimage_1_link_0
 

AISUKE  KONDO

En:



Aisuke Kondo Born and raised in Japan and currently based in Germany, Aisuke Kondo explores questions of belonging, identity, memory, and history across a variety of media, from collage and gallery installation to video and performance. 


In 2008, he completed a Meisterschüler in Fine Art at Berlin University of Arts. After his university graduation, he received a grant from the Asian Cultural Council to research on his great-grandfather who was incarcerated at Topaz concentration camp in Utah during World War Ⅱ.


Currently, he is working in the Bay area on a grant from the Cultural Affairs Agency in Japan in order to conduct fieldwork as a visiting scholar in Asian American Studies at SF State. In his current “Matter and Memory” series (2017-present), Kondo retraces his great-grandfather’s life as an immigrant in the US from his arrival in the early 1900s.


Kondo has had solo exhibitions at Gallery Turnaround in Sendai, Japan (2018), Kommunale Galerie Steglitz-Zehlendorf in Berlin (2018), MINTMOUE in Los Angeles (2017) TAM - Tokyo Art Museum in Tokyo (2016) and Kyoto Art Center in Kyoto, Japan (2016).



Jp:



近藤愛助は、コラージュ、ビデオ、写真、そしてパフォーマンスといった多岐にわたる媒体を用いて、インスタレーション作品を制作している。近年の作品シリーズ「物質と記憶」(2013年~現在)で近藤は、1900年に日本からアメリカへ移住し、第二次世界大戦中「トパーズ日系人強制収容所」に収容された曽祖父の半生を辿り、ルーツ、アイデンティティ、歴史の探求をしている。ドイツを拠点に活動する近藤は、自身の移民としての生活を曽祖父の半生と重ねることで、「世代間における記憶の引き継ぎ」を主な作品制作のテーマとして挙げている。


近藤は2001年にBゼミスクーリングシステムを卒業、2003年に渡独する。2004年にドイツ・ベルリン芸術大学に入学、2008年同大学を卒業し、マイスターシューラーの称号を取得。2017年、アジアンカルチュラルカウンシルからの助成を受け、アメリカ西海岸にて4ヶ月間、曽祖父が収容されていた日系人強制収容所のリサーチを行う。現在は文化庁新進芸術家海外研修員および日米芸術家交換計画派遣芸術家(日米友好基金)として、サンフランシスコ州立大学 民俗学部 アジアンアメリカン学科に客員研究員として在籍、ベイエリアに拠点を置きながら、日系アメリカ人史についてのフィールドワークを行っている。


近年の主な個展に仙台のギャラリー ターンアラウンド(2018)、ベルリンのシュテーグリッツ=ツェーレンドルフ区立ギャラリー (2018) 、ロサンゼルスのMINTMOUE(2017)、TAM - 東京アートミュージアム(2016) 、そして京都アートセンター (2016) での発表がある。




 

Aisuke Kondo (with Japanese-English interpretation by Wesley Uenten) speaks to his inheriting of his great grandfather's life history in his own life and art, on March 7, 2019, at The Poetry Center, San Francisco State University.